※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:42歳
インタビュー時:45歳(2008年1月)

東海地方在住。2005年に乳がんと診断され、右乳房切除術とリンパ節郭清術、術後抗がん剤治療、放射線療法を受けた。会社員。治療中、治療後はしばらく休職。夫と大学生の子どもと暮らしていたが、治療中に夫と別居した。

マンモ(グラフィ)の施設があるところ、今はもうだいぶ増えたかと思うんですけど、3年前?2年前?ちょうど今年で3年目になるから、そのころは、この住んでるところで、マンモグラフィがある大きな病院、3ヶ所しかなかったんですね。で、一つの病院は、あんまりよくない(笑)っていうのか、インスピレーションが悪かったので。で、2個目の、もう一つの病院は、できたばっかりの病院だったんで、うーんって考えて、迷った挙句、まあ、なじみのあるところに行こうかって言って行ったんですよ。
で、行ったら、たまたまその専門の先生がいらっしゃったばっかりで。で、ちょうどそのお隣の奥さんが乳がんになったときは違う先生で、専門じゃないから、(隣接している県の)ほかの病院に回されたって、お隣の奥さん。で、私は、「いや、もう今、その先生、いらっしゃらないよ。今、専門にいらっしゃってるらしいですよ」って言って、「ああ、そう」って。何か本当にね、ラッキーだったなって思って。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧