※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:42歳
インタビュー時:45歳(2008年1月)

東海地方在住。2005年に乳がんと診断され、右乳房切除術とリンパ節郭清術、術後抗がん剤治療、放射線療法を受けた。会社員。治療中、治療後はしばらく休職。夫と大学生の子どもと暮らしていたが、治療中に夫と別居した。

たまたま会社のほうで、年に1回「婦人科検診をしてくださいよ」という、お知らせがあって、たまたまなんですが、これは、3年前。今まではずっと1年に1回、必ず時間見つけては行ってたんですよ。たまたまその年は、もうあまりにも忙しくて、「まあ、去年よかったからいいや」っていうので、行かなかったんですね。で、もう一度、総務のほうから、「まだ行ってらっしゃらない方は行ってくださいよ」っていうお知らせがあって。「病気じゃないって分かるだけでもいいから、行ってくるわ」って。で、「そんな普通の検診だから行くわ」みたいな感じで行ったら、マンモグラフィですか、「撮って」って言われて、すっごい痛かったんですよ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧