インタビュー内容テキスト

取りあえず、言わなきゃいけないっていうのもありますので。まず検査結果が出た段階で、乳がんだっていうことで上司に伝えたんですね。で、そのときの私の気持ちもそうだったんですけど、上司もすぐ治るもんだという感覚だったんで、「あ、そう。じゃ、手術して、1~2ヶ月ね」っていうような感覚だったんですね。
で、だんだんと……。あれ、何か様子が……。私もそうなんですけど、会社側も「どうもだんだん深刻になってってるよ。これはちょっと」っていうふうになってきた段階で、私の中でも、「これはもうすぐには復帰したいって思ってもできない。で、会社のほうにも迷惑かけちゃいけない。早いとこ言わなきゃいけない」っていうことで。
今までは会社のこと優先に考えてきたんですけど、会社って結構非情なもので、病気になっても何一つ、何もやってくれないっていうのがね、分かった部分もあって。これはもうはっきり言わないことには、隠したりとか、言いたくないことも、伝わらなければ、同じことの繰り返しなんだなと思って。もう「実は、がんで、こういうふうで、転移してて、もう私、髪の毛もないし、会社行きたくないし。で、ましてやそのストレスの多い職務で、はっきりいってがんになったの、このストレスのせいかもしんないよ」みたいなこと(笑)。本当にもう、要は自分を守る本能か何かでたぶん、そういう言葉が出たんだと思うんですけど。もう隠してもしょうがないし。実際、本当のことを伝えないと、会社は動いてくれないと思ったんですね。だからもう、本当に正直に、もう隠さず普通に、話をしたら、会社側がちゃんと考えてくれたっていうのがあって。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言