※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:42歳
インタビュー時:45歳(2008年1月)

東海地方在住。2005年に乳がんと診断され、右乳房切除術とリンパ節郭清術、術後抗がん剤治療、放射線療法を受けた。会社員。治療中、治療後はしばらく休職。夫と大学生の子どもと暮らしていたが、治療中に夫と別居した。

10ヶ月後に、復帰したときに、やることはないけど(笑)。今までさんざんすごく忙しくて、会社の中で動いてたのが、「やることがない」って言ったら、「取りあえずリハビリ。もう会社に来るだけでもいいから、慣らして」って言われて。その、(会社に)来ることをまず、リハビリをするような感じで、3ヶ月。まあ、あの、産業医の先生が「1ヶ月半は午前と午後、どっちかの勤務で」っていうのがあったので、まあ、産業医の先生の、このご指示もあったっていうことで。で、午前か午後か。でも、「午前行っても、午後行っても、ずっとやることないんだけど。私ってもしかしてこれ(クビ)?」とかって思っていたんですが。
やっぱりちゃんと会社はそれなりに考えてくださってて、体調のほうもだいぶ安定したときにね、「じゃあ、今までやってた仕事と全く違うんだけれども、やってもらえるか?」ということがあって、初めて私、経理なんてやったことないんですけどね(笑)、経理の仕事、総務関係の仕事って言われたときに、もう本当にありがたくてね。「もうこの年になってできません」とかそういう問題じゃなくて、わざわざ(ポジションを)作ってくださった、今までの仕事はもうストレスが多いからってことで外して。で、与えてくださったっていう、すごいありがたいと思いましたね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧