インタビュー内容テキスト

それは文字通り降ってわいたような出来事でした。その年の前年、[検査ユニットでの]定期的なレントゲン撮影の案内が届いていましたが、仕事の都合で検査を受けることができませんでした。再予約は途方もなく複雑でした。私は検査を受けることが出来なかったと連絡しましたが、再予約はとてもとても難しかったのです。再予約は私からしなければならないもので、結局私は再予約をしなかったのです。
いずれにせよ、私は普通の生活を続けていました。そして、前にも話したように、休暇から戻り、その日、ロンドンに行く前に、医師との予約があったので、朝、シャワーを浴びている時でした。胸を洗おうと手を胸に置いた時、何かを感じたのです。「ちょっと待って。普通じゃないわ。」と思いました。それから気になりだしたのです。旅行中のことを思い返すと、それは驚きでした。だって、一日に2回か3回シャワーを浴び、プールの後には必ず体を乾かしていたのに、その時は全くしこりに気付かなかったのですから。しこりの大きさから考えると、結局のところ、その日の朝にはじめて気付いたというのは本当に驚きでした。

ロンドンに行く前に、私はかかりつけ医に電話をしました。彼らはとても迅速に対応してくれました。その日の午前中にロンドンでの診察を受け、午後にはかかりつけ医に診てもらえました。それは、とても印象深く嬉しいことでした。そして、医師の表情から、病状が深刻であることが分かりました。医師は私が医療保険に加入しているかどうかを尋ねました。私は答えました。「出来る限りの最良で迅速な治療を受けたい。」と。医師はすぐに、専門医を紹介してくれました。その週の土曜日、いえ、月曜日だったかしら、それとも火曜日?月曜日。そう、月曜日だったわ。私は月曜日にかかりつけ医に診てもらい、土曜日の朝には専門医の診察を受け、そしてその翌週の月曜日には手術を受けたのです。とても速い展開でした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言