イングリッド
インタビュー時:61歳
性別:女性
診断時:58歳
経歴:既婚、上級研究員
国籍:イギリス(白人)

概略:イングリッドは2008年、58歳の時に乳がんと診断された。乳房切除術を受け、それと同時に広背筋皮弁による乳房再建手術も受けた。化学療法、放射線療法、それにアリミデックスによるホルモン療法もおこなった。化学療法中は両肺に肺塞栓症を発症した。

語りの内容(テキストのみ)

窮状を打破する策として、癌とは関係のないことで、誰かと共同の計画を立てることを勧めます。

実際に役に立ったのは、夫と一緒に農場の家を持つ計画を立て、それを実行することでした。夫と一緒に行い、夫と一緒に話しました。それは、私達の将来のためのものでした。そして、多分、それはとても役に立つことなのです。その他には、休暇の計画を練るとか、回復したら誰かと一緒にできることを計画するのもよいかもしれません。計画を立てて、誰かと一緒にそれをやり続けるのです。とにかく、癌と全く関係のないことを話し、こんなことを言ってみるのです。「ああ、キッチンのことでいいことを思いついたわ。出来るかしら?やるべきかしら?」そんなようなことです。または、「ああ、リビングの家具ね。こうする?それともああする?どうしようかしら?」そして、「ああ、いい考えが浮かんだわ。これもあれもすれば、きっと素敵よ。」こんなようなことです。

「何色のカーテン?」とか考えることです。癌のことは何も考えず、未来のことを考えるのです。誰かとの未来のために何かをするのです。そして、そう、私は治療を受けている時、「実現できるかしら?」と自分に問いかけていました。私はすぐに思いました、「もちろんよ。」と。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧