インタビュー内容テキスト

1月に乳がんの手術を受け、翌年の3月に人工股関節の置換手術を受けました。だから、倦怠感を感じるのかは、分からないけれど、多分、乳がんと股関節の手術と年齢から来るものでしょう。

私にはまず何が出来るでしょう。年齢には何も対処することができません。それは人間として仕方のないことですから。でも、関節の問題や乳がんから来る体力や気力の問題はどうでしょう?両方とも、だんだん良くなってきているのは分かっています。しかし、「どれだけ続くのかしら?」ということなのです。私が考えていたよりもずっとずっと長くかかっているのです。私は目標を設定しました。これこれまでに私はこれこれができるようになる、というように。そうして、今もまだ私はゴールに向かって進み続けています。

「すっかり良くなるには2,3年はかかるけど、だんだん良くなっていくと大勢の女性から聞いたわよ。」と言われたのにはほっとしました。でも同時に怒りも覚えました。もしそれが知られていたら、それが事実だとしたら、そういうものだとして受け入れられたでしょうに。雇い主はそのことを知っておく必要があります。どれくらい仕事ができるかということに影響あることですから。これが現実です。すっかり回復するには2,3年かかるという事実は受け入れられるべきだし、もっと先を見据えるべきでしょう。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言