イングリッド
インタビュー時:61歳
性別:女性
診断時:58歳
経歴:既婚、上級研究員
国籍:イギリス(白人)

概略:イングリッドは2008年、58歳の時に乳がんと診断された。乳房切除術を受け、それと同時に広背筋皮弁による乳房再建手術も受けた。化学療法、放射線療法、それにアリミデックスによるホルモン療法もおこなった。化学療法中は両肺に肺塞栓症を発症した。

語りの内容(テキストのみ)

1月に乳がんの手術を受け、翌年の3月に人工股関節の置換手術を受けました。だから、倦怠感を感じるのかは、分からないけれど、多分、乳がんと股関節の手術と年齢から来るものでしょう。

私にはまず何が出来るでしょう。年齢には何も対処することができません。それは人間として仕方のないことですから。でも、関節の問題や乳がんから来る体力や気力の問題はどうでしょう?両方とも、だんだん良くなってきているのは分かっています。しかし、「どれだけ続くのかしら?」ということなのです。私が考えていたよりもずっとずっと長くかかっているのです。私は目標を設定しました。これこれまでに私はこれこれができるようになる、というように。そうして、今もまだ私はゴールに向かって進み続けています。

「すっかり良くなるには2,3年はかかるけど、だんだん良くなっていくと大勢の女性から聞いたわよ。」と言われたのにはほっとしました。でも同時に怒りも覚えました。もしそれが知られていたら、それが事実だとしたら、そういうものだとして受け入れられたでしょうに。雇い主はそのことを知っておく必要があります。どれくらい仕事ができるかということに影響あることですから。これが現実です。すっかり回復するには2,3年かかるという事実は受け入れられるべきだし、もっと先を見据えるべきでしょう。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧