イングリッド
インタビュー時:61歳
性別:女性
診断時:58歳
経歴:既婚、上級研究員
国籍:イギリス(白人)

概略:イングリッドは2008年、58歳の時に乳がんと診断された。乳房切除術を受け、それと同時に広背筋皮弁による乳房再建手術も受けた。化学療法、放射線療法、それにアリミデックスによるホルモン療法もおこなった。化学療法中は両肺に肺塞栓症を発症した。

語りの内容(テキストのみ)

その他に気がかりだったのは家事の切り盛りです。でも、私は本当にラッキーでした。もしジェーン(家政婦)がいてくれなかったら。特にこの2年間、彼女はこの家のためにほんとうによく働いてくれました。私が彼女の助けを必要とするときはいつでも電話の向こう側にいてくれました。余分な仕事もしてくれましたし、食べ物が必要な時はいつでも来てくれました。彼女は雇った人であり、もし友人だったらこのように色々と頼むことはできなかったでしょう。もちろん今ではジェーンは私の友人でもあるけれども、我々は相互に依存していました。もし友人達にいろいろと助けてもらっていたら、私は彼らがしてくれた事にどれだけのお礼や償いをしなければならなかったでしょうか?

それに、実際、お金を払って誰かを頼むほうが、愛する家族や友人に頼むより気が楽でした。家族や友人にとっても看病や家事をするのはストレスのたまることでしょう。どのようにそれに報いることができるでしょうか?そこに、私たちがお金を払っているジェーン(家政婦)がいてくれたのです。彼女は喜んで助けてくれました。そして、家事の切り盛り、家の掃除、洗濯、どれをとっても完璧にこなしてくれました。そんなことがあったのです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧