インタビュー内容テキスト

私はアリミデックスを服用していました。後から考えると記憶が確かでないことが時々あるということはお分かりになっていただけますよね。いつからアリミデックスを服用し始めたかはっきり覚えていませんが、私の記憶が正しければ、最初の、いえ、最後の化学療法を受けた後だったように思います。そう、その時にアリミデックスを飲み始めたのです。アリミデックスの服用で、朝起きると右手の指の関節や足の指が痛むようになりました。吐き気もありました。関節の痛みは、日中になると和らぎましたが、朝起きたばかりの時はまるで皮の長手袋をはめているような感じでした。関節に疲労感があり、重い感じがするのです。それが私の体験したことです。吐き気や体の内側から焼けつくような感じは、1日で妊娠初期と更年期障害を経験するような感じです。それを同時に経験しなくて本当によかったけれど。

18カ月たった今でも、副作用はありますか?

少しあります。吐き気はおさまりました。でも、それもつい最近のことです。クリスマスにも1月の始めにもありました。でも、この6週間くらいで吐き気も含め、ずい分変化がありました。体の中から焼けつくような感じはもうありません。今はホットフラッシュ(ほてり 熱感)、のような症状があります。そう、いつも夜11時頃、決まってこう思うのです。「眠りたいけど、眠らないほうがいい。今は暑すぎる。」と。そんなことがあるのです。そして、時々、朝、目覚めた時、暑くて汗でべっとりしているのを感じるのです。これがホットフラッシュなのですが、それもずい分よくなりました。

それで、どれくらいの期間、アリミデックスを服用しなければならないのですか?

もうあと3年です。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言