プロフィール

インタビュー48

イングリッド
インタビュー時:61歳
性別:女性
診断時:58歳
経歴:既婚、上級研究員
国籍:イギリス(白人)
概略:イングリッドは2008年、58歳の時に乳がんと診断された。乳房切除術を受け、それと同時に広背筋皮弁による乳房再建手術も受けた。化学療法、放射線療法、それにアリミデックスによるホルモン療法もおこなった。化学療法中は両肺に肺塞栓症を発症した。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

手術はとても良かったとはっきり言えます。術後一週間、そして化学療法中は肩に何も問題はありませんでした。しかし、放射線治療終了後、肩に痛みを感じるようになったのです。違和感があり、特定の場所が特に痛みました。イギリスで受けた診察のたびに、私はそのことを訴えましたが、まともに取り上げてもらえませんでした。そこで私はリンパドレナージの施術資格を持つドイツ在住の理学療法士のところへ行くことにしたのです。そして、そこで数回施術を受けただけなのに大きな進展があったのです。私は癌専門の看護師の友人である同僚にそのことを話しました。「ドイツに行くたびに、リンパドレナージの施術を受けているのよ。」と。その時、友人は即座に尋ねました。「あなたにはリンパ浮腫があるの?」私は、「違うわ」と答えました。

しかし、ドレナージマッサージを受けただけで大きな違いがあったのです。これは単なる偶然だとは思えません。特に右手の指の痛みは緩和されました。肩はずっと調子よくなりました。完全にというわけではありませんし、いつかそうなるとも思いません。経験上、ある程度の違和感は仕方ないと思っています。でも、リンパドレナージマッサージはほんとうに効果的でした。それを始めただけで、痛みが緩和されたのです。この数カ月、定期的にドイツへ行く機会があったためそれを始めてみましたが大きな違いがありました。これからもも続けていくつもりです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(17) ["name"]=> string(12) "乳房再建" ["slug"]=> string(21) "breast-reconstruction" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(17) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(14) ["count"]=> int(8) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(17) ["category_count"]=> int(8) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "乳房再建" ["category_nicename"]=> string(21) "breast-reconstruction" ["category_parent"]=> int(14) } }
同じテーマの語りを見る