インタビュー内容テキスト

大変だったことのひとつは、癌だということを誰かに話すことでした。そのことを話せば、きっとみんな驚いてショックを受けるでしょうから。だから、癌だということを話すのは簡単なことではありませんでした。

私は話が伝わっていくような仕組みを作りました。夫が家族に話し、特定の友人が同僚やその友人に話すという具合に話が伝わる方法です。二人の同僚の間で話が伝わり、そして彼らからこの情報が必要な人たちへと伝わっていったのです。ああ、それから別の問題もありました。両親に告げるのは一番大変なことです。特に母に伝えるのが。その時、兄は本当にうまくやってくれました。

母の面倒を見てくれ、精神的なケアをしてくれたのは兄でした。そしてもうひとりの兄は父をケアしてくれました。それはとても助けになりました。そういうわけで、夫は何度も繰り返し私の病状を人々に伝える必要はなく、この仕組みは必要な時に効果を発揮しました。夫は兄たちや同僚とだけ連絡をとればよかったのですから。どの段階でも、話を伝える必要があるときにはこの人たちだけに連絡すればよかったのです。それが夫の気を楽にしてくれたのです。本当に効果的な仕組みでした。基になる連絡を特定の人にするだけでよく、それが私だけではなく夫の感じるプレッシャーを和らげてくれたのです。

そうです、そして実際に来客は少なかったのです。たくさんの人に尋ねて来てほしくもありませんでした。みんな素敵な人たちだけど、来客はストレスになるので。もし来客があっても素の自分が出せるのであればいいわよね。自分を飾る必要がなく、冷静に一緒にいられるのは、ごくごく身近な人たちとだけでしょう。そういう人たちってそうそういるわけではないから。目をあければ傍らには夫がいてくれる、私と一緒に家にいてくれるって分かっている、それだけでいいのです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言