インタビュー内容テキスト

主人は私と一緒に直面して乗り切ってきました。「本当に難しいことだと思うわ。私の主人は乳房切除のことを話したがらないし、傷跡を見たがらないもの。」とか、「私の主人は胸が好きなのよね。だから、彼には傷を見せられないし、裸になってからパジャマかナイトドレスを彼がベッドに来るまでに着るの。」と仰る方たちと話をしました。私は大物なので、ベッドに入る時は、何も身に着けません。切除後もそうです。ガーゼや包帯は別ですけれどね。言うまでもないことですが、私達は傷が癒えることを望んでいます。主人は、休暇に出かけている時や、夜遅くなってしまった時以外は、毎晩あることをしてくれます。私は、アロエベラジェルを使っています。切除を手術を受けた日から、私はこれを使っており、主人が私の傷組織へマッサージをしながら塗ってくれます。リンパ浮腫の発生を防ぐために、傷痕だけでなく、腕周りから背中へとリンパの流れを促すマッサージのやり方を主人に教えたのです。これはとても大切なことなのです。そういうわけで、主人はいつも私の傷口に触れています。

一番大切なことは、切除後にガーゼを最初に取る時から、ご主人やパートナーが立ち添って一緒に見るように配慮することです。
なぜなら、何があったとしても結局のところは、前と変わらない、同じ性格の、同じ人間なのですから。だから、話し合ってください。お互いに会話をすることこそが、最も大切なことなのですから。

性生活の観点から言えば、たしかに私達の性生活は変わりました。ですが、それは、身体のほてりなどという大半が、更年期に入ったからという理由だったと思います。「あぁ、なんてことでしょう。どこもかしこも暑いわ。」とか、膣の乾燥も経験しました。しかし、パートナーとお互いこういったことを話し合う機会を設けたり、主治医へ相談することは、とても大切なことです。今では、そういったことをサポートする物などが整っているので、恐れずに聞いてみるとよいでしょう。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言