インタビュー内容テキスト

医者が決めた治療法は、放射線療法と5年間のタモキシフェンの服用でした。その時点で、医者が説明できたことはそれだけでした。ああ、でも、腫瘍専門医は、その治療がどのように作用していくのか、より詳しく説明してくださいました。そして、私のエストロゲン受容体が陽性なので、予防策として卵巣の摘出も行いたいと仰いました。「ええ、効果のあることなら、どのようなことでもなさってください」と、私はすぐにお答えしました。今になって思うのは、私はその時、恵まれた状況にいた、ということです。というのは、私達には子供はおりませんでしたが、夫婦で既に子供は持たないことに決めておりましたので。ですから、卵巣を失うことは、幸い私達にとってそれほど大きな問題ではありませんでした。他の多くの人達にとっては、きっと重大な問題だったでしょうから。

「それで、手術はいつになるのでしょうか?」と尋ねたところ、「来週の月曜日にもう一度来て頂く時にしましょうか。」と仰ったので、「わかりました。」とお答えしました。「あら?その週の金曜日は確か9月の最終日でしたよね?実は、テネリフェへ2週間ほど休暇に出かける予定なのですが、行っても構いませんでしょうか?」先生は、「全く問題ありませんよ。行けない理由なんてなにもありませんからね。」と仰いました。「でも、卵巣を取ったら、縫合傷ができますよね?戻って来なければならないでしょうか?」「いいえ、手術のため病院に来られた時に、コンサルタントや医者に縫合手術をしないよう再確認してくださいね。鍵穴ほどの小さな穴を通して手術をしますから。安心して休暇をとられて下さい。」「わかりました。」

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言