インタビュー内容テキスト

卵巣を摘出するため、朝ドクターの元を訪ねました。その時は主人も一緒に中に入り、隣に座っていました。そしたら、手術は午後に行うと言われ、まどろっこしいなと思いました。彼らは、私のおへその下に一つ、それから、右か左かの寛骨のそばにも切り口をもう一つ作ると説明しました。そして、その鍵穴ほどの穴からカメラを入れ、卵巣を摘出するというのです。その後ドレインを入れるかどうかは、手術の結果と外科医の判断次第とのことでした。「たぶん痛みを感じることもあると思います。ですが、それはずっと続くわけではありませんから。おそらく、その日か次の日にはドレインは外せますからね。」

結局手術は午後遅くまで行われなかったので、手術が終わったのは夕方の6時か7時頃でした。私はかなり早くに意識を取り戻したように記憶しています。乳房切除の時の比ではありませんでした。意識も早くにははっきりしていました。私が覚えているのは、術後回復室で目を覚ました時のことです。先生方は私の意識を戻しながら、「ご気分はいかがですか?」と仰いました。その時痛みがあったので、看護婦さんが一度病室を出て、痛み止めを下さいました。

私が病室に戻ると、両親と主人が来てくれました。とりあえず覚えているのは、ベットに横になっていたことです。ですが、身体を動かすたびにかなりの痛みを感じていました。その痛みはかなり強く、腹痛と生理痛を併せたようなひどさでした。私はただ「ああ、いやだわ、いつまで痛いのかしら?」と問い続けていました。看護婦さんが来て、「大丈夫ですか?」と尋ねてくださったので、「とにかく痛いのです。」と訴えました。しかし、既に私はある程度の量の鎮痛剤を手術室で打たれていたので、唯一できることは、えーっと、あの名前(Suppository座薬)、きちんと言えたことがないわ。Depositaryではなくって、、、なんだったかしら。とにかくおしりから挿し入れる薬しかなかったのです。私は我慢して「いいえ、結構です。なんとか痛いのは我慢します。ありがとうございます。」と言って、笑いました。みんなも笑ってしまったようでした。

それからのことはすべて覚えています。その後の訪問者たちも、動こうとした時のことも覚えています。私にはドレインが入っていました。「やれやれ」と思いましたが、理由があってドレインが淹れられているのです。それから、看護婦さんがやって来て、「起きて動けるようなら、頑張って歩いてください。そうしたら明日、お家へ帰れますよ。」と仰ったのです。この言葉で私はやる気が出ました。「わかりました。まず、何をすればいいですか?」

手術の後で、脚が利きませんでした。ベッドの横に脚を置き、起きて、そして歩く、ということは私にとってかなり負担のかかることになっていましたが、とにかく、歩き回って、ベッドに戻りました。それから、夜のことです。トイレに行きたくなり、そこまで歩かなければなりませんでした。私はナースコールをし、トイレに行きたい旨を伝えました。すると、「ご希望であれば簡易トイレをご用意しますよ。」と仰いました。「いいえ、大丈夫です。歩きますから。」というのも、その時の私は、歩けば歩くほど、(早く退院できる)と考えていたからでした。ええ、それから私はよろよろとですが、歩いていきました。そして、苦労して進み、自力で戻りました。

次の日の朝、先生方が来てくれました。私が一晩中起きて歩き回っていたのはよかったようで、回診の際そのことを聞いた先生方はとても喜んでくれました。私のドレインは異常なく、もうほとんどドレインの排液はないようだというわけで、午後には家に帰れることになったのです。

その後、主人に電話して、服も持って来るように連絡して頂きました。私はお腹がひどく腫れていて、とても痛かったし、手術前はうかつにもジーンズで病院にいっていたのです。でも、退院の時はゆったりとした服でなければいけなかったのです。このゆったりとした服はとてもよかったですね。この服は、偶然母が持ってきていた彼女の服だったのですが、その時の私には丁度よく、とても助かりました。その後、病室を出る前に、先生方はドレインをとってくれました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言