ペニー
インタビュー時:47歳
性別:女性
診断時:37歳
経歴:既婚、研修生教育担当マネージャー
国籍:イギリス人(白人)

短縮版:2000年、ペニーが37歳の時に、乳癌であると診断された。主な治療経歴は、乳房切除、放射線治療、抗癌剤としてタモキシフェン、アリミデックスを服用。その他、卵巣摘出も行っている。以後10年間、再発もなく過ごしている。

語りの内容(テキストのみ)

過去10年間の、最初の5年間は確実に、半年ごとに腫瘍専門医の診察を受け、その次は半年後にコンサルタントの元へ通っていました。つまり私は、年2回診察を受けていたのです。5年経った時にタモキシフェンの服用を止めました。その時「これからどうなるのかしら」と思いました。「はい、これで終わりですよ。」という段階になったのです。それで突然、「どうしよう、頼みの綱が切れてしまった!」と思いました。その後1週間も経たないうちに腫瘍専門医から電話がかかってきました。「一度病院に来て頂きたいのですが。」ええ、もちろんその時には、先生が私の治療を何か誤ったのだと思い、パニック状態に陥ってしまいました。

とにかく、用件は、近年の調査では、エストロゲン陽性腫瘍を持ち、卵巣摘出を行った人で、早期月経停止をした私のような年齢の女性は、5年間のアリミデックスを服用することが推奨されているということでした。その時点では、2年間の服用と言われていました。そういうわけで、私はタモキシフェンの服用を止め、引き続きアリミデックスを服用することになったのです。

結局私はコンサルタント、失礼しました、腫瘍専門医の元には行きませんでした。それ以来、彼女の元を訪れていません。しかし、コンサルタントの元へは引き続き通っていました。「絶対にそうしなさい、というわけではないのですが、引き続き年に一度の通院をされても結構ですよ。」先生方はそう仰っていました。年に一度の通院、これは私自身の心の平穏のために、自分で選んだことです。そして、そうすることで、薬や治療法の新しい情報が入りますし。実際、来週コンサルタントの元に行きます。これでアリミデックスの服用も5年になります。いつもコンサルタントの元を訪ねるたび、いつもあともう1年は服用するようにということでしたから、今度こそは期待しています。「これでアリミデックスの服用は終わりですよ。術後10年ですからね。」と言われたいですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧