※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:35歳
インタビュー時:40歳(2008年8月)

近畿地方で1人暮らし。2003年夏、右乳がんの診断を受け、術前化学療法後、右乳房部分切除術+センチネルリンパ節生検・乳頭切除、放射線療法、ホルモン療法を行った。2年後に頸椎転移。ホルモン療法とアレディア(後にゾメタ)の点滴を開始。2007年12月は右乳房に局所再発し、切除。事務職を退職し、アルバイトをしながら治療を受けた。

ある日、右胸に小さなしこりがあるのがわかって、ちょっと、なんだろう?と思ったんですね。で、まさか自分が乳がんだなんて思わないんですよ。家族で乳がんにかかった人間もいなかったし、周りにそういう人がまったくいなかったので。で、自分が、それになるなんてこう思ってもみなかったんで、全然その見当がつかなかったんですね。ただこう、しこりがある、なんだろう?っていうことで、一度、以前入院した病院の検査に、乳がん検診に、行ったんですね。確か市の検査だったと思うんです。安い市の検査が、年齢的に、そういう市の検診の葉書が送られてきて、ちょっと気になってたんで、受けてみようと思って、いいきっかけだと思って、(以前、別の病気で)入院してたところの病院に行って検査をして。で、そのときは、特に何も言われなかったんですね。良性、良性だったのかな、確か。それで、「あ、そうですか」、で、「しばらく様子をみましょう」とか、「また、もう少し大きくなってから来てください」みたいなことを言われたと、言われたはずと思うんですよ。で、「えっ?」と思って。ずっと振り返ってみると、あのときにこうしてればっていうのがたくさんあるんですが、そのときは、何も、どうしていいのかわからず、先生の言うことにそのまま従ったほうがいいと思って。この良性の、腫瘍についての、知識とか、悪性の腫瘍はどういうものかとか、深く先生に追求をまったくしなかったんですね。で、良性の腫瘍でも取れる、取れれば、それはそれで、先生に取りたいですって言えばよかったっていうことは、今では知ってるんですが、その時は何も知らなかったんで、良性だから、しばらく見ていて、大きくなったら、また行けばいいんだっていう感覚しかなかったんですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧