インタビュー内容テキスト

右(乳房)の(手術で)治療したところから、ちょっとがん細胞が出てきたっていうことで、また手術したんですけど、それは日帰りの手術で、とても楽な手術でした。それまでは、一応…胸の形として、最初の手術の段階では、2004年の手術の段階では、かなり残ってたんですね。胸がね。1/4…かたちとしてきちんとあるような状態だったんですが、昨年、2007年の冬に日帰り手術を行った時点で、結果的に、もう胸っていう感覚ではないものに、その右胸がなっているわけですよね。なんかこう…普通の、胸ではない、なんかこう…ただ傷がここの右胸にある状態。普通に何にもない、膨らみもほとんどない、形としても乳房という形ではない、ただそこの位置に、右胸の位置に、傷があるという…それだけのものになったわけですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言