※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:35歳
インタビュー時:40歳(2008年8月)

近畿地方で1人暮らし。2003年夏、右乳がんの診断を受け、術前化学療法後、右乳房部分切除術+センチネルリンパ節生検・乳頭切除、放射線療法、ホルモン療法を行った。2年後に頸椎転移。ホルモン療法とアレディア(後にゾメタ)の点滴を開始。2007年12月は右乳房に局所再発し、切除。事務職を退職し、アルバイトをしながら治療を受けた。

母親に伝えたんですけども、母親はやっぱりびっくりしてましたね。私は1人で暮らしてたので、こっちに戻って来いと。戻って来て頼むからこっちで治療してくれということは言われましたね。言われたけど大丈夫だからっていうのがありましたね。で、実際、抗がん剤の術前治療するまでは何も、痛みもないわけですから、しこりがただあるだけで何も感じてないわけですよ。でも非常にこう、なんかこう、心配するじゃないですか? で、しかも母親はね、自分でそれはなってないからわからないので。でも、やっぱり肉親なので、心配はするけれども、それが、自分の、私自身の自覚症状とは…。自覚症状が私にはないものだから、こうギャップがものすごいあるんですよね、ものすごく心配してくれるんだけど、私はちっとも今は痛くないし、そこまで心配しなくても大丈夫だよと、それはかえって負担になると。なんかこう、大丈夫?大丈夫?って言われれば、なんか、大丈夫だって思ってても、大丈夫?大丈夫?って言われれば、なんかだんだんこっちのほうが不安になってくるじゃないですか。それでその、やり取りに対して自分でこう嫌だなと思ってたんで、そういうやり取りをしたくないと、あまり必要以上にそこで心配されたくないっていうのがあったんで、あくまでも自分の考えで、押し通して、1人で治療しました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧