インタビュー内容テキスト

今は基本的に、健康食品とかはそれほど、あの、頼りにはしてないですね。やはりあくまでも健康食品は健康食品なので、いくらこう宣伝文句で、あれに効いたこれに効いたっていうことを聞いても、それは、うーん、人によって違うので、体感っていうのは。それが科学的に実証されてない限りはやっぱり、深くそれだけを信頼する、信用するっていうのは避けていますね。それはなぜそう思うかっていうと、んーと、ある程度冷静になって、治療をしている、今、段階ですから。その時期、今の時期に、やっと落ち着いて(がんについて)勉強し始めた――普通の人より遅いんですけど、普通の人はなった瞬間に勉強すると思うんですけど――こう、私はあの一段落ついて、あー、なんかこう知りたいなって思って。それで振り返りながら勉強したときに、やっぱりどちらが信用に足るべきか、その、エビデンスの重要性とか、治療することに対しても、そういうエビデンスとか、そういうことを重視されているっていう、そういう専門家の方が、そういうことをされているっていうことを知ったりとか、いろいろなことをちょっとずつ、知る、情報を知るにつけ、それも根拠はやっぱり、いろんな根拠は必要なんだなーって思いました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言