※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:74歳
インタビュー時:74歳(2008年5月)

北関東地方在住。2007年に右乳がんの診断を受け、乳房切除術、リンパ節郭清術を実施。リンパ節に転移なし。術後補助療法として、抗エストロゲン剤を処方され、服用するが、血圧上昇、動悸、不整脈などの副作用が出現し、服用を中止し、現在に至る。息子2人は自立し、夫と2人暮らし。元保健師。

私の場合は、何か、あの、大きさが、2センチ以内で、まあ、そう広範囲に、リンパ腺のほうは切除しなくてもいいだろうっていうことだったんですね。それで、その、あれですか。あの、「部分的に切除して、リンパ腺も、小範囲に切除しますか」って言われたんですけれども、そこでね、ちょっと私も迷ったんですけれども、まあ、年齢がね、もう75に近いし、まあ、別に片方、乳房、切除しても、特に、あの、不自由なことはないんじゃないかなっていうふうに、自分で、判断しましてね。また先生もね、あの、「乳房、全部取って、そして、リンパ腺(節)も少し、広く取っておけば、手術の後も、放射線治療なしで、安心していられますよ」っていうことなんですね。ええ。
それで、まあ、私も、あの、一応はそういうね、医療のほうに従事をしていた立場ですけれども、いざね、やっぱり自分でそういう病気にね、なりますとね、何か今までの知識がね、何かどっか行っちゃったみたいにね(笑)、もうあれですよね。何かこう、役立たないっていう感じになってね、もう先生にね、「こちらのほうがいいんですよ」って言われるとね、「ああ、そうかな」っていうようなね、感じにね、なりましてね。じゃあ、乳房切除と、あと、そのリンパ腺切除をするっていうことで、一応、あの承諾書にね、署名をして、そして、手術をしていただくことになったわけです。ええ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧