インタビュー内容テキスト

それでね、私、お友達なんかがね、やっぱり専門のそういう、何ですか。下着とか、パットとか、そういうふうなお店があるんだそうですね。だから、「必要だったら、そういうとこ、紹介しますよ」っていうこととか、あるいはそういうふうなパンフレット、いただいたりしたんですけれども、私ってね、いろいろ工夫するのが好きなんですよね(笑)。ええ。
それで、もう帰ってきてからね、すぐ下着のね、補整を始めたんですよ。ええ。それでね、今までいろいろな洋服を買って、買ったときに、肩パットが、入ってますよね。あの肩パットの、こう三日月の形じゃなくて、最近のは丸い形のパットが、多いですよね。ええ。あのパットをね、利用したんですよ。あれをね、下着の中にこう入れたり、ええ、したんですけれども。ええ。それで、あそこにちょっとね、綿花を、補整して、ちょっと自分の、私、右のほうでしたので、左の形に、こう比例するように、自分で適当にね、少し厚みを入れたりなんかして。ええ。それで、作りました。ええ。
だから、もう大体、下着はね、10枚ぐらい、あの、どれ着てもいいように、全部、補整してね(笑)。ええ。だから、Tシャツ1枚でもね、あれです。平気にいられるようになりました。
それで、気功をやってるんですけれども。退院してからもう間もなく、気功を始めたんですね。ええ。それで、女性だけの仲間ですけれども、皆さんに、驚かれました。「全然、分からない」って言われたんですよ。ええ。あの、Tシャツ着ただけでもね。ええ。そのぐらいに、自分で工夫すれば、そういう外見上のことは、解決できると思ったんですけれど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言