※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー10

診断時:74歳
インタビュー時:74歳(2008年5月)
北関東地方在住。2007年に右乳がんの診断を受け、乳房切除術、リンパ節郭清術を実施。リンパ節に転移なし。術後補助療法として、抗エストロゲン剤を処方され、服用するが、血圧上昇、動悸、不整脈などの副作用が出現し、服用を中止し、現在に至る。息子2人は自立し、夫と2人暮らし。元保健師。

詳しいプロフィールを見る

その免疫学の本を読んで、私はね、本当に何ていうか、あの、目からうろこっていう感じでしたね。何で自分がこういうがんになったかっていうことを、はっきりそこでね、自分でこう認識したっていう感じでね。それで、あの、それによって、何か「がんって一つも怖くないんだ」っていうことを、感じ取ったわけなんですね。ええ。
それでこう、自分の免疫を落とさない生活、そういうふうなことをしていれば、がんにはならないっていうことと、がんになったということは、自分のそういう生活習慣ですか、そういうふうなのが悪かったために、あの、体の悲鳴で、そういうものができたんだっていうようなことは、やさしく詳しくね、書いてあったんですね。ええ。ですから、その本を読んで、本当に何ていうか、もうね、自分ががん患者だっていう、悲観的な、そういう気持ちが全然なくなったんですね。それで、とっても明るい気持ちになっちゃってね。
もう私もどちらかといえばね、頑張るほうなんですね。だから、普通、10ぐらいの線で、みんな頑張っていれば、私は10で足りなくて、12か3ぐらい頑張んないと、気が済まない性格なんです。だから、もうね、そういう考え方で生活をしてきましたのでね。そういうふうな生活すると、もう体にいろいろ、疲れとか、ストレスがたまって、まあ、いけないっていうことは、自分で本当に、感じ取りました。ええ。
それで、その(本の)中にね、やっぱり、あの、何ですか、交感神経と、それから副交感神経の話なんかもね、詳しく出てましてね。どちらかといえば、私は交感神経優位のね、生活をしてたわけなんですね。ええ。それで、その、「いつもニコニコ副交感」っていう言葉が出てたんですよ。ええ。ですから、入院中は、いつも、「いつもニコニコ副交感」って言ってね。それで、なるべくテレビとかラジオで、面白い番組とか見るようにして、自分でいつも、何ていうんですか、副交感優位のね、生活をするように、心掛けていたんですね。ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12132 (17) { ["term_id"]=> int(33) ["name"]=> string(27) "再発予防と体調管理" ["slug"]=> string(5) "yobou" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(33) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(33) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "再発予防と体調管理" ["category_nicename"]=> string(5) "yobou" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る