※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:74歳
インタビュー時:74歳(2008年5月)

北関東地方在住。2007年に右乳がんの診断を受け、乳房切除術、リンパ節郭清術を実施。リンパ節に転移なし。術後補助療法として、抗エストロゲン剤を処方され、服用するが、血圧上昇、動悸、不整脈などの副作用が出現し、服用を中止し、現在に至る。息子2人は自立し、夫と2人暮らし。元保健師。

それで、夕方ね、もう5時ごろだと思うんですけれども、いろいろな(検査)結果が全部出まして、それで、結局、「がんだから、手術以外にない」っていうふうに言われたんですね。
それで、私も、何か、ちょっとね、やっぱり不安な気持ちもあったんですね、診断に対してね。「ああ、もっと大きな病院で、きちっと、診ていただいて、それから、いろいろ、また考え直したほうがいいんじゃないかな」っていうふうに思ったんですけれども、やっぱりこう、何ていうか、「もしがんだったら、一刻も早く、手術しちゃったほうがいいんじゃないか」っていうような気持ちもありましてね、もう先生に「これは手術する以外に、方法はない」っていうふうに言われたんで、もうその場でね、「じゃあ、手術、させていただきます」っていうふうに承諾しちゃったんですね(笑)。普通ですとね、こう冷静にいろいろ判断して。後で考えるとね、「ああ、あのときこうすればよかった」とか、「もっと先生に詳しく、診断の結果を聞けばよかった」とか、いろいろ、思ったんですけれども、そのときはやっぱり、何ていうか、やっぱりね、頭が真っ白になるっていう状態でね、もう先生の、こう、誘導尋問にこうかかってるような感じでね、「ああして、こうして」っていうふうに言われたことにね、もう何かこう引きずられるような感じでね、ええ、もう何か、こう自分でね、決めてしまったんですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧