※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:74歳
インタビュー時:74歳(2008年5月)

北関東地方在住。2007年に右乳がんの診断を受け、乳房切除術、リンパ節郭清術を実施。リンパ節に転移なし。術後補助療法として、抗エストロゲン剤を処方され、服用するが、血圧上昇、動悸、不整脈などの副作用が出現し、服用を中止し、現在に至る。息子2人は自立し、夫と2人暮らし。元保健師。

がんになっても、何か手術をしたり、手当てをすれば治るんだっていう、そういうね、安心感っていう、そういうものはありましたよね。だから、別にそうね、ショックで、お話できないほど、よくね、泣き暮らすっていうふうな人もいらっしゃるようですけれども、そういうことはなかったです。
ただ、第1回目のときには、もうね、私、随分ね、泣きましたけどもね。「まあ、私ね、もうこのまま死んじゃったら、この後、どうなるんだろう」と思いましたよね。子どものこととか、主人のこととかね。うちのことはね。どういうふうになるかと思って。本当にもう、何ていうか、自分でもね、もうどうしようもできない、こう、あれですね。悲しみのどん底に、陥れられたっていう感じでしたね。ええ。
そういうことはなかったです、今回は。だから、そんなに怖がらないで、やることをきちっとやるっていうことがね、本当に大事だと思いますけれどもねぇ。ええ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧