インタビュー内容テキスト

それで、一度ね、思い切って、あの、温泉に行ってね、ええ、それで、もう脱いでみました。いっぱいね、女性客、いっぱいいらっしゃるところだったんですけれども、恥ずかしがらないで、あの、かえって、隠したり、いろいろすると、興味持たれると思いましてね。それは、あの、解決しました。もう、一度ね、そういうふうにしたら、もう2回目3回目はね、恥ずかしいことないから。ええ、ちょっとタオルでこういうふうに、前にね、タオルをこう、肩に掛けてね。ええ。そして、浴場に入って行ってもね、ええ、そんなに、あれですよね。人のことを関心持って見てる方も少ないし、かえって自意識過剰になってると、好きな温泉にも入れないから、もうその辺は。まあ、私も年齢(とし)ですのでね、若い方はなかなかそういうわけにはいかないと思うんですけれども。
最初は、私ね、パット、あの、パットの上に、あの、油紙って知っていますか。ええ。ありますよね。外科の治療でね。油紙をやって、そして絆創膏でこう貼って、そして入ろうかなと思って、そういうふうな用意はね、してったんですけれども、それしなかったんです。そしたらね、もう、素直に入れました。ええ。ですからね、その辺は、大丈夫ですね。ええ。
だから、かえって、やっぱり、自意識過剰になるとね、何ていうか、手術すると怖いっていうね、そういう気持ちが強くね、持つようになりますので。ええ。これからね、乳がんもいっぱい増えてくることですしね、ほかの人たちにも乳がんに対して、理解していただければね、そんなに、「乳がんで乳房の手術しても、恥ずかしいことじゃない」っていうふうにね、自信持ったほうがよろしいんじゃないかなっていうふうに私は思います。ええ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言