※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:46歳
インタビュー時:57歳(2008年7月)

東北地方在住。1997年初夏、右乳がんとなり、乳房温存手術+リンパ節郭清(リンパ節転移なし)、放射線療法を25回受けた。術後ホルモン療法は肝機能悪化で中止。 当時、夫、大学生と高校生の息子と4人暮らし。小学校教員をしていたが、退職した。

先生はすごく、そのホルモン療法が私にとっては、プラスで、「転移と再発防止にはすごく効果があるんだけどなあ」と、残念に思ってらっしゃったんですが、でも、肝機能がそれで悪くなり、というか、なって、結局うまく治療が進まなかったらそれもそれなので、再発率が低いわけですから、再発するかどうかはやっぱり、分からないわけです。で、治療しても、うーん、したほうがやっぱり再発率は低下するかもしれないけど、しなくても再発しないかもしれないわけですね。ですから、もうこれは神のみぞ知るというような世界かなあと思いまして、もう私のほうから、「先生、ホルモン療法は、止めにします、いいです」ということで、結局、肝機能が改善する方向、悪くならない方向を取ることにもう自分で決めまして、それで、何の治療もしないことにしました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧