インタビュー内容テキスト

えーとですね、やっぱり傷、私自身、病院で、最初に「シャワーを浴びていいですよ」って言われたときに、すごく、自分の体を見るのが恐ろしかったです。そして、どうなってるのかって不安で不安で仕方がなくって見たくない気分だったんですが、まあ、思い切ってやっぱり、すごい恐怖心で見たんですけれども、あの、乳房のほうはとてもきれいでした。4分の1切除でしたが、先生に、手術する前に、「丸いケーキを4分の1に切れば、がたっとそこ切り口が、あの、下がりますよね、だから、先生、そんなふうになるんでしょうか?」っていうふうに話しましたら、「いえ、そんなことはなりませんよ」ということで、「その切った切り口、端と端を合わせますので、ちゃんと円錐形のあのきれいな、というか、そういうふうになります」って、おっしゃってくださったんで、ああ、それは良かったと思って、安心して手術に臨んだんですけれども、本当に、先生がおっしゃるように、とてもきれいにしてくださいました。
それで、何か後で聞いた話では、手術してる最中に、起こしてくれてですね、私(の体)を、それで、看護師さんにですね、右と左のバランスを、見てもらって、どうだというふうに何か言ってくださったらしくて、看護師さんのOKが出たようで(笑)、それで、こう、うまくしてくださったというような話を後で聞いて、ああ、先生には感謝してるんですけれども。ですから、本当に、あの、誰に見せてもきれいなぐらいに、何て言うんでしょうかね、17~18歳の、少女のような感じの乳房にしていただいてすごく良かったです。とてもきれいなんです。
それで、ただ、トップがやっぱり、そちらは、きれいに手術したほうは、あの、ぴんとしてるんですけれど、自分のはやっぱり年齢的にこう下がっているという感じで(笑)、アンバランスなんですけれども、まあそれはそれで。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言