インタビュー内容テキスト

リンパ浮腫は、1センチぐらいずつ、1センチから1.5センチぐらいは常に太いんですね。で、それは、洋服を着るとよく分かります。あの、半袖、夏になって半袖とか着たときに、袖口が何となくきつい。あまりゆとりのない洋服を着ますと、えー?って、左はちゃんと入るのに右は何かきついんですね、この袖口が当たるんですね、腕に。だから、えっ? 何なの?と、忘れててふっと思うんですが、それは、やっぱり太いから、なんですね、だから、ゆとりがないんですね、右のほうがぱちっとなって、その、袖口がきつく当たるので、ああ、そうだそうだ、こっち太いんだなーっていうふうに思うわけです。ストッキング状の、リンパ浮腫用の、腕をこう締め付けるようなのも、手術して間もなくですね、やっぱり黒板に字を書いてるときですね、あの、書いてというか、右手をやっぱり使っているときはやっぱりそうやって腫れてきたりするので、それで締め付けたりはしてたんですが、あれも、夏とかはとても不便ですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言