※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:46歳
インタビュー時:57歳(2008年7月)

東北地方在住。1997年初夏、右乳がんとなり、乳房温存手術+リンパ節郭清(リンパ節転移なし)、放射線療法を25回受けた。術後ホルモン療法は肝機能悪化で中止。 当時、夫、大学生と高校生の息子と4人暮らし。小学校教員をしていたが、退職した。

そのときは普通に触診だけだったんですね。検診だったので。それで、若い先生だったんですけれども、「あ、異常なしです」っておっしゃられて、「おう、良かった、良かった」と思ったんですが、やっぱり心の中でのその引っ掛かりが取れなかったんで、出口に来たときに思い切って、「先生、でも、どこかで何かは感じるんです」っていうふうにやっぱり思い切って言ったんですね。そうしたら、先生は「えっ?」っておっしゃって(笑)、それで改めて、もう一回触診なさって、で、「うーん」とおっしゃって、「じゃ、念のために超音波撮ってみましょうか」って言って、超音波撮ったら、何となく影があったんです。それで、「うーん」ってやっぱりまた先生おっしゃって、それで、「細胞診、出るかどうかですけど、してみましょうか」って言うんで、細胞診、そこでしたんですね。やっぱり「お願いします」って、やっぱりこうなったら不安を払拭したいなっていう私自身の思いもありましたんで。それで、細胞診していただいて、で、その後、結果が出るまではちょっと不安でしたね。でも、結果は、やっぱり思っていたとおりというか、期待……(笑)、本当は期待が裏切られればいいなと思ってたんですけれども、期待というか、その不安が的中しまして、やっぱり乳がんだということで、「浸潤性の乳がんです」というようなことで、先生のほうから連絡がありました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧