※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー54

診断時:31歳
インタビュー時:40歳(2018年10月)
東海地方在住。右乳がんで乳房温存術後、放射線療法とホルモン療法を行ったが、2013年局所再発し、乳房切除術と乳房再建術を行った。その時、遺伝子検査を受け、遺伝性乳がん卵巣がん症候群とわかった。2016年肝臓に多発転移が見つかる。現在は薬物治療と緩和治療を並行しながら、若年性のがん患者が集う場を運営。乳がん診断前より慢性の痛みを患っている。両親と3人暮らし。

(慢性の痛み:インタビュー08)

詳しいプロフィールを見る

多分、両親もそこまで、私が病気のことはいろいろ調べて、で自分に関わることは両親に伝えるという感じなので、そんなに両親は病気のことには詳しくないので、「あ、そうなんだ」っていう何か、感じで。うちの子が遺伝性だからどうしようとかそういう、大変だとか、そういう感じではなくて、まあ、すんなり受け入れてくれる、受け入れてくれた感じでした。

私には姉がいるので、姉のことはやっぱり私が遺伝性のがんっていうことは姉にも可能性はあるので心配だったんですけど。なので、検査受ける前に検査受けるよっていうのは伝えて、で、検査受けてから、検査結果も伝えたんですが、姉は、結婚して子供もいて、で、その今…、姉自身がんではないので、「自分自身が検査を受けて、もし遺伝性って分かったとしても、こう不安になるだけだから、私は検査は受けない」と言われたので。それはそれで姉の選択なので、その代わり、検診だけはしっかり受けてねっていうのと、検診を受ける際は、妹が遺伝性のがんだっていうことだけはお医者さんに伝えてねっていうことだけは言って、そこはそういう感じにしていますが…。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12124 (17) { ["term_id"]=> int(382) ["name"]=> string(18) "乳がんと遺伝" ["slug"]=> string(4) "iden" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(382) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(5) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "7" ["cat_ID"]=> int(382) ["category_count"]=> int(5) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "乳がんと遺伝" ["category_nicename"]=> string(4) "iden" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る