※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー54

診断時:31歳
インタビュー時:40歳(2018年10月)
東海地方在住。右乳がんで乳房温存術後、放射線療法とホルモン療法を行ったが、2013年局所再発し、乳房切除術と乳房再建術を行った。その時、遺伝子検査を受け、遺伝性乳がん卵巣がん症候群とわかった。2016年肝臓に多発転移が見つかる。現在は薬物治療と緩和治療を並行しながら、若年性のがん患者が集う場を運営。乳がん診断前より慢性の痛みを患っている。両親と3人暮らし。

(慢性の痛み:インタビュー08)

詳しいプロフィールを見る

私の場合は父方からの遺伝だったので、母とは気軽にその遺伝性だっていうことも話せたんですけど、父に対しては、父が自分が、父自体がその遺伝子を持っている、変異を持っているか分からないですけど、父が自分のことを責めてしまうんじゃないかっていうのが私はすごく心配して。なかなかお父さん、どう思ってる?とか聞くこともできなくて、ちょっとその、まあ、自ら進んで私は検査を受けて自分は納得していたんですけど、父のことは心配ではありました。

やっぱり父には、その遺伝性って分かったときにも直接父には私から結果を伝えることができなくて母から伝えてもらっていて、その後、数年やっぱり何となくぎこちない、まあ、お互いに、あの、口に出して言っているわけではないので実際は分からなかったんですけど、私も何となく父に申し訳ないような気持ちになっていて、父もそう感じていたのかなっていうときがあって、それが何年かあったんですけど。あるときテレビの取材を受けて、それが遺伝のがん、遺伝の患者さんでっていう取材だったときに、その取材を通して私が直接父にその伝えたことはなかったんですけど、その取材の中で父が私が遺伝(性)であることをどう思っているかとか聞く、聞かれる場面があって、そこで初めて父の気持ちを、取材の番組を通して父、父の気持ちを知ることができて。やっぱり父も…、実際申し訳ないとは思っていたみたいなんですけど、それでも私が、それを父を責めることなく、きてくれたことがよかったって言ってくれたので、その取材を受けた後から何となく、雪解けではないですけど、お互いに、もっと言いたいことが言い合えるようになったような気がします。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12124 (17) { ["term_id"]=> int(382) ["name"]=> string(18) "乳がんと遺伝" ["slug"]=> string(4) "iden" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(382) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(5) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "7" ["cat_ID"]=> int(382) ["category_count"]=> int(5) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "乳がんと遺伝" ["category_nicename"]=> string(4) "iden" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る