※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー54

診断時:31歳
インタビュー時:40歳(2018年10月)
東海地方在住。右乳がんで乳房温存術後、放射線療法とホルモン療法を行ったが、2013年局所再発し、乳房切除術と乳房再建術を行った。その時、遺伝子検査を受け、遺伝性乳がん卵巣がん症候群とわかった。2016年肝臓に多発転移が見つかる。現在は薬物治療と緩和治療を並行しながら、若年性のがん患者が集う場を運営。乳がん診断前より慢性の痛みを患っている。両親と3人暮らし。

(慢性の痛み:インタビュー08)

詳しいプロフィールを見る

いっときはやっぱり、私も、その仲間のように結婚できたらいいなと思って婚活のイベントに参加したりとか、そういう、ちょっと婚活らしきことをしてた時期もありました。

婚活のイベントに参加するとやっぱり自分ががんであることを、どのタイミングで話したらいいんだろうかとか。まあ、がんになってからお付き合いした人もいたんですけど、やっぱりがんっていうことを言ったことで、お付き合いが終わってしまったこととかもあったので、やっぱり結構、どのタイミングで言うかとか、そういうのは慎重になっていましたし。あとは、自分が遺伝性のがんっていうのを調べて分かってしまったことで、必ず、結婚して子供ができたとして、その子供にそのがん、遺伝性の遺伝子変異が受け継がれるとは、決ま、限らない、100%っていうわけではないですけど、やっぱりもう結婚する前に遺伝性って分かっている自分がこう、結婚して子どもをもうけていいんだろうかっていうことを考え出したら、ちょっと…、それは…、何か、いいだろうかってすごく悩んで、で、まあ、ちょっと婚活に、イベントにはもう、婚活をするのはやめた時期もあったり。それでも、やっぱり周りから、そんな、病気はがんだけじゃないし、今元気な人でも、その急に病気になることもあるんだから、遺伝性だからっていってそんな気にせず、あの恋愛とか、結婚とか、そういうこともしていってもいいんじゃないかっていう話をされたり、友達としたりしていくうちに、また婚活してみようかなっていう気になったりしたときもあって。

でも、ちょっとステージⅣになった、その肝臓に転移が分かってステージⅣってなってからは、ちょっとそんなに、まあ、悲観的になっているわけではなくて、その私は結局、まあ、結婚にそこまで興味がない、恋愛に興味がなくて、それよりもその、まあ、友達と遊んだり、まあ、趣味が山登りとか、旅行とか、ランニングとかなんですけど、そういう楽しい趣味があるので、あの独りでも楽しく遊べてしまうので、そこまで何か結婚とかに執着することもなく趣味でこう、まあ、残りの人生って言ったら変ですけど、その、これからの人生、趣味を、まあ、もっと楽しんだり家族との時間を大切にする、そっちのほうを、じゅ、重点的にしたいなと思うようになって、まあ、最近は婚活とかはしてないです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12124 (17) { ["term_id"]=> int(39) ["name"]=> string(27) "妊娠・出産への思い" ["slug"]=> string(7) "ninshin" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(39) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(12) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(39) ["category_count"]=> int(12) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "妊娠・出産への思い" ["category_nicename"]=> string(7) "ninshin" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る