再発予防と体調管理

インタビューでは多くの人が、がんと診断されたことをきっかけに自分のそれまでの生活を振り返り、食生活や睡眠時間、運動習慣などを改めたり、それまで以上に気をつけたりするようになったと話しています。病気や治療で落ちてしまった体力を回復したいという人もいれば、再発を予防したいという人もいて、どの程度真剣に取り組むかということも人によってまちまちですが、専門家の助けを必要とする西洋医学的な治療法とは別に、自分でもできることとして、免疫力を高めることによりがんに負けない体づくりをしたいという考えを持つ人が多いようです。

生活習慣の見直し

水泳やウォーキング、ストレッチなど運動療法についての語りは初発の人から多く聞かれましたが、半身浴やモーツァルトの音楽、ペットとのふれあいなどを通じたリラクゼーションは再発を経験している人たちも実践していました。乳房再建術のためと閉経後のリスクの一つである肥満への対策として食事に気をつけ、運動を心がけた人もいました。また、睡眠時間の確保、規則正しい生活を重要なこととして上げた人もいました。

ストレスを減らす

生活の仕方だけでなく、気持ちの持ちよう、心のありようを変える努力をしている人たちもいます。ストレスをためない、無理をしないというのは、病気になる前の生活に対する反省から来ているようです。また、免疫力や笑いの効用について書かれた文献を読んで、それを実践している人もいました。

ページの先頭へ