インタビュー内容テキスト

最初、その…、会の会長さんからお聞きしたときは、まだ、会が(スリーブを)販売していないときだったですかね。あ、会を立ち上げる前だったぐらいだったですかね。なので、その、販売の会社を教えてもらいましたので、それが病院のすぐ近くだったんですよ。それで、病院の近くで、病院に行ったついでに買ってっていう感じだったんですけれども。で、患者会が販売もするようになったので、同じものを患者会を通じて買ってもらうようになったんです。で、この4月から保険が適応されるようになったので、あの、それは、ありがたいことだなと思ってます。
あの、自費で、ま、高価な物ですのでね、自費で買うときには2足、2つ買う、洗い替えで買いますので。それを伸びては駄目って3ヶ月とか半年に1回くるくるとか買う、買い替えるっていうのは、かなりやっぱり、あの…、病院で医療費を払うのにプラスやっぱりそういうものが要りますのでね。今まで、健康だったときから比べると、かなりのお金使っているなっていう感覚は自分にありました。
でも保険適応で、あとからお金が戻ってくるっていう制度になって、ほんとにそれはありがたいことだと思っていますが、あの、病気をしたものでないとそれができないんですよね。一次性(リンパ浮腫)の患者さんには、まだそれが適応されていないんですよね、生まれつきの方にはね。だから、それが、もっと分かってもらえないと、同じ状況が起きるのに、手術をしたから、手術をした人だけっていうのは、何かやっぱり理不尽ていうか、おかしな制度やなとは思っています。
――ちなみに、ま、値段いろいろなのかもしれませんけど、いくらぐらいするんですか。
えーと…、1万、いくらだったかな、もう買いに行くときじゃないとあれなんですけど。これ(グローブ)は、かなりお安いと思います。これも、いろいろあるらしいんですけど。まだ、つけ始めて、いろいろ試していないので、すごく高いのもあるって聞いているんですけど。これは、会から教えてもらって買っているぶんで。そんなに、これでいくらかな、2つで1万円までやと思うんです。で、スリーブが2つで2万円までだと思いますね、たぶん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言