※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

家族インタビュー04

インタビュー時:74才(2015年8月)
関係:慢性の痛みを持つ42歳の女性(本人インタビュー19)の母
首都圏在住。次女が子どもを産んで1年ほど経った2003年頃から、全身の痛みを訴えるようになった。様々な病院を受診したが改善せず、そのうち薬剤がどんどん増え、寝たきりのような状態となった。その間、孫を自宅に引き取り育てながら、家族一丸となって娘を支えた。薬剤に依存していたが、民間療法を試み、減薬したところ、痛みが治まっていった。現在は睡眠薬と2種類の薬の内服のみで痛みはコントロールでき、家事や仕事もできるようになった。

詳しいプロフィールを見る

あるとき、上の娘が、あるペインクリニックを、見つけまして。あの、痛みには、ペイン――いわゆる麻酔科ですね。麻酔科のペインがいいんじゃないかということで、もう、やみくもにもう申し込んで。あの、調べてくれたもんですから、即。それで、そこで受けて、受け出したのが、うーん、約何年になりますか。うーん、3年間ぐらいでしたかしらね、ペインクリニックに。で、痛みのためには麻酔を打つんですね。そしてトリガーポイントにやっぱり麻酔のブロック注射を、ずーっと続けてたんですが、それでも、1週間に1回、通っておりましたんですけれども。麻酔をして帰ってきて、翌日はもうだめなんですね。

それで、何かないかということで今度は、親戚が教えてくれた接骨院のカイロプラクティックですね。そこにも行きまして、1年。で、その先生は、「もう1年でこれ以上治すことがない」と言われて、そこで放たれまして。そのころもう、薬を、たくさん飲んでるために、あの、何ていうかな。うーん…、胃腸が悪く――悪いっていうか、いわゆる体の、たまったものが出せなくなってきてたんですね。うん。で、尿もしにくい。それから便も出しにくい。

そういうので、あるとき、やっぱり知り合いで、あの、漢方の先生を、やっぱり知っておりまして、その先生のところに行ったんですね。そこで、解毒のための、お小水が出るようになる、それから下剤をかけて便を出す。そういうようなことをやっぱり…、やってくれましたね。それでも、それをずーっと続けながら、ペインクリニックに通い、接骨院に通いっていうことで、もうただ、そういう状態の中で光が見えることがなかったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(75) ["name"]=> string(30) "日々の暮らしを支える" ["slug"]=> string(7) "sasaeru" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(75) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(26) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(75) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "日々の暮らしを支える" ["category_nicename"]=> string(7) "sasaeru" ["category_parent"]=> int(26) } }
同じテーマの語りを見る