※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:47歳(2017年6月)
疼痛期間:9年
診断名:複合性局所疼痛症候群(complex regional pain syndrome:CRPS)I型

中国地方在住。4児の母。2008年2月に階段を踏み外して左足首を捻挫。腫れが引いた後も痛みが取れず、次第に悪化して歩けなくなり、反射性交感神経性ジストロフィー(現在はCRPS I型)と診断される。大学病院のペインクリニックを紹介され、認知神経リハビリテーションを受けて、4年近くかかって日常生活が送れるまでに回復。その体験記を担当の理学療法士との共著として出版。今も完全に痛みから解放されることはないが、痛みを自分の人生の一部として受け入れられるようになってきた。

―― そうすると、そのあきらめと受け入れの違いみたいなことをおっしゃっていたところで言うと、もうちょっとそこを、説明をしていただけたらと。

いや、私もわからないです。あきらめと受け入れね。ただ、あの、この話は理学療法士さんとも何回かしたことがあって。「「諦める」の「あきらめる」って、この漢字で明るいという字を書くんだよ」というふうに言われて。あの、「2種類あるんだよ」って。明らかにする。明らかにするほうの、「あきらめる」が「受け入れる」じゃないかなみたいな感じで…。何だ、何でしょうね。……うまく言えないんですけど。こう、何とかしたいと壁の中で、壁の前でバタ、うーん、もがいているうちはあきらめてないですよね。だけど、この壁は越えられないと、わかったら、それが受け入れ。あきらめ、明らかにするほう。 で、もう、最初は、あの、「あーあ」のあきらめでいいと思うんですよ。もうあきらめましたって。何でもそう。恋愛とかでもそうじゃないですか。恋をして失恋して、最初あきらめるじゃないですか(笑)。「はー」って。それは、あきらめるは全然いいと思うんですけど、あきらめた後に受け入れる。何かこう、それが日常になっていくっていうか。あきらめた後に、それがもう受け入れなんて普通自覚しないですよね。あきらめたと思わなくなったときみたいな。

―― 立ち直ったというわけではないんですね。

立ち直るっていうと、なんかこう。

―― 恋愛だとそっち。

リターンみたいな感じがするんですけど(笑)。あきらめたと思わなくなるのが受け入れなのか(笑)。

―― ご自身は、今、受け入れたって感じですか。

と思ってるんですけど。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧