※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

CRC・森下典子さん

国立病院機構大阪医療センター臨床研究推進室長。
CRC(臨床研究コーディネーター)として臨床では消化器、乳腺外科、耳鼻咽喉科、泌尿器科等のがん疾患や循環器疾患、小児疾患等、幅広い治験や臨床試験を支援してきた。また、国立病院機構本部では治験専門職として全国の国立病院機構施設の医師やCRCの教育等を行い、厚生労働省では治験推進指導官として臨床研究・治験活性化に携わってきた。現在は、室長としてCRCの育成に力をいれている。大阪府出身。

詳しいプロフィールを見る

臨床試験っていうのは、要はこれから効果であるとか、安全性を確認する試験ということになりますので、参加する患者さんが時には不安になったり、心配になったり、要は一喜一憂することが多い局面があるんですね。そんなときに、何かちょっと誰かに相談したいなとか、これはどうしらいいのかなっていうささいな不安や疑問があったときに、何でもCRCに聞いていただけたらなというふうに思っています。

―― 具体的にはどのようなことを聞いたり、活用したりすればよろしいでしょうか。

そうですね。まず、一番初め医師から臨床試験に参加しませんかっていうふうに言われたときに、臨床試験っていうのは通常の治療と違って、特別なスケジュールが決められていたり、ちょっと試験のために余分な検査が必要になったり、お薬の飲み方が変わっていたり、ちょっと普段とは違うことがありますので、そのような試験のスケジュールであるとか、内容とかを医師に代わってより細かく分かりやすく説明をして、患者さんの自由意志による決定を支援をしたりとかもしておりますし、試験に参加することになった場合でも、ちょっとこう体の変化が「いつもとは違うな」というふうに感じたときとか、お薬を飲み忘れた場合とか、風邪をひいて近所の病院にかかりたいなと思った場合とか、本当にどのようなことでもいいですので、相談していただけたらなというふうに思います。

―― どのような試験でもいていただけるんでしょうか。

それがですね、ちょっと残念ながら一部の臨床試験ではCRCのサポートがない場合もあります。それは医療機関の体制であるとか、CRCの人数によって変わってくるんじゃないかというふうに思っています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)