※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

CRC・森下典子さん

国立病院機構大阪医療センター臨床研究推進室長。
CRC(臨床研究コーディネーター)として臨床では消化器、乳腺外科、耳鼻咽喉科、泌尿器科等のがん疾患や循環器疾患、小児疾患等、幅広い治験や臨床試験を支援してきた。また、国立病院機構本部では治験専門職として全国の国立病院機構施設の医師やCRCの教育等を行い、厚生労働省では治験推進指導官として臨床研究・治験活性化に携わってきた。現在は、室長としてCRCの育成に力をいれている。大阪府出身。

詳しいプロフィールを見る

「臨床試験に参加してもいいよ」っていうふうに思ってくださった場合には、同意書に署名をしていただくことになります。署名をしていただいた同意書は医師と患者さん双方で保管いただくことになりますので、これは紛失しないようにきちんと試験が終了するまでの間は保管していただければなあというふうに思います。

―― 参加をしてから、やっぱりやめたいなと思った場合はやめることができるんですか?

いったん同意を決めた場合でも、その後いつでも同意を撤回することができます。そのときには遠慮なく医師やCRCにご相談くださればというふうに思います。

―― 同意をした後に、例えば何か中止になったりとか、入れませんよというふうなこともあるんでしょうか?

そうなんですね。せっかく患者さんがこの試験に参加してもいいよと決めてくださった後でも、例えばお薬を飲んでいただく前の検査で何か基準に引っかかるような、異常値が出てしまった場合であるとか、あるいはご自身に合っているお薬であっても、例えば製薬企業の事情であるとか、あるいは他施設でよくない副作用が出た場合にも、試験全体が中止になってしまうこともありますので、その場合には続けて入っていただくことができないこともあります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)