※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー08

インタビュー時年齢:50代・妻と60代・夫(2013年9月)
【1】子どものアトピー性皮膚炎の治療薬の治験(詳細不明)に参加を断られた。【2】糖尿病の治療薬の治験(詳細不明)に誘われたが参加しなかった。
首都圏在住。1998年ごろ、当時9歳だった息子を藁にもすがる思いでアトピー性皮膚炎の治験【1】に参加させようと、実施している大学病院に連れていったが、詳しい説明もなく治験ではない治療になるといわれた。また、2011年に夫が糖尿病の診断を受け、半年ほど治療を受けた後、治療費の節約になるからと治験【2】への参加を打診され、いったんは参加を決めた。しかし、仕事が忙しくてなかなかCRCと会うことができず、先方から参加の見送りを告げられた。

詳しいプロフィールを見る

―― そんな中で、治験の、えー、記事を見付けてきたというか、あのー、お父さまが。

母:そうです。

―― ということなんですけれども、ちょっとその辺のきっかけ等をもう少し詳しくお聞かせ願えればと思います。

父:はい、これはわたしのほうから。あのー、……1993年に発売された、臓器移植時の免疫抑制剤、プログラフという薬があるんですけれども。その薬を売っていたその製薬会社が、そのあと、その薬をアトピー性皮膚炎の治療薬としても開発を進めていて。これ実は99年に発売になるんですけども、その前の年だと思います、確か。そういうニュースは、結構、事前にいろいろ、臨床試験の段階から伝わってきていますので。わたしも、それをちょっと注意していたんですけれども。できたら、うちでも、その子どもにも(その薬を使わせたい)みたいな、その発売されたら、こう、使えたらいいなみたいなことを思っていましたら。ある日、新聞にその製薬会社が、1ページ全面使ってその治験の治験患者の募集をしていましてですね、それを見まして、ちょっと応募してみようかっていうふうな話を彼女にもちかけたんですよね。それでもって一応応募してみたんですよね。駄目だった。

母:はい。

父:ね、それは何でだった。

母:病院に連れていって、大学病院だったんですけど、診察に連れていって、治験をしたいということで診察を受けたんですが、今回、ちょっと治験は(受けられません)みたいな、さらっと、何か。

父:うん、(参加できる枠が)いっぱいだったのかもしれないね。……2回目だ、確か。それで、いっぱいだったんではないかと思うんですけれども。うーん、まあ、駄目だったという、そういう経緯はありました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12190 (17) { ["term_id"]=> int(42) ["name"]=> string(33) "知ったきっかけと情報源" ["slug"]=> string(11) "information" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(42) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(2) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(42) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "知ったきっかけと情報源" ["category_nicename"]=> string(11) "information" ["category_parent"]=> int(2) } }
同じテーマの語りを見る