※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー08

インタビュー時年齢:50代・妻と60代・夫(2013年9月)
【1】子どものアトピー性皮膚炎の治療薬の治験(詳細不明)に参加を断られた。【2】糖尿病の治療薬の治験(詳細不明)に誘われたが参加しなかった。
首都圏在住。1998年ごろ、当時9歳だった息子を藁にもすがる思いでアトピー性皮膚炎の治験【1】に参加させようと、実施している大学病院に連れていったが、詳しい説明もなく治験ではない治療になるといわれた。また、2011年に夫が糖尿病の診断を受け、半年ほど治療を受けた後、治療費の節約になるからと治験【2】への参加を打診され、いったんは参加を決めた。しかし、仕事が忙しくてなかなかCRCと会うことができず、先方から参加の見送りを告げられた。

詳しいプロフィールを見る

母親:病院に連れていって、大学病院だったんですけど、診察に連れていって、治験をしたいということで、診察を受けたんですが、今回、ちょっと治験はみたいな、さらっと、何か。

父親:うん、(定員が)いっぱいだったのかもしれないね。……(診察の)2回目だ、確か。それで、いっぱいだったんではないかと思うんですけれども、うーん、まあ、駄目だったという、そういう経緯はありました。

母親:わたしの印象としては、そういうの応募したらみんなやってくれるのかなってそんときは、思いましたね。初めてだったんで。その、周りにもいませんでしたので。あ、治験、ああ、やってくれるのかなって。まあ、こう、ちょっと実験台みたいな印象はありましたけれども、どこ行っても先ほど話したように、よくならなかったんで、何とか治してやりたいなって、うーん、思って。

―― そうですか。それは、お母さまが一緒について大学病院まで一緒に行ったんですよね。

母親:最初2人で行ったっけ。最初は、わたしが連れて、初日はわたしが連れて行ったと思います、初めてのときは。

―― 1回ではないんですね。

母親:それで、治験駄目ですっていうので、普通の治療に替わっちゃったんです。

―― ああ、で、それ以来、そこの大学病院で治療を受けるようになったということですか。

母親:でも、何回も行きませんでしたね。

父親:そうですね、それはさすがに遠くなりましたし。ね、今までの、比較的近いところで通っていた病院とは違って遠いところなので、通いきれない。

―― なるほど。

父親:それと、やっぱり、その、新しいお薬を使ってみたいというのが、わたしたちの、こう、期待だったわけですから、普通の治療で治るんだったらもっと早くから来ていますていうことなんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(30) ["name"]=> string(60) "参加できなかった理由/参加しなかった理由" ["slug"]=> string(7) "husanka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(30) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(3) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(30) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(60) "参加できなかった理由/参加しなかった理由" ["category_nicename"]=> string(7) "husanka" ["category_parent"]=> int(3) } }
同じテーマの語りを見る