※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー08

インタビュー時年齢:50代・妻と60代・夫(2013年9月)
【1】子どものアトピー性皮膚炎の治療薬の治験(詳細不明)に参加を断られた。【2】糖尿病の治療薬の治験(詳細不明)に誘われたが参加しなかった。
首都圏在住。1998年ごろ、当時9歳だった息子を藁にもすがる思いでアトピー性皮膚炎の治験【1】に参加させようと、実施している大学病院に連れていったが、詳しい説明もなく治験ではない治療になるといわれた。また、2011年に夫が糖尿病の診断を受け、半年ほど治療を受けた後、治療費の節約になるからと治験【2】への参加を打診され、いったんは参加を決めた。しかし、仕事が忙しくてなかなかCRCと会うことができず、先方から参加の見送りを告げられた。

詳しいプロフィールを見る

―― そして息子さんを連れて行って、「いざ治験やりたいんですけど」っていうふうに言ってさらりと断られたということになんですけど、どんなふうに断られたとか何を言われたかとか、何か思い出せることってありますか。

母親:あ、今回は、治験は、じゃなくてみたいに、何かとりたてて、こういう理由で治験できませんとかって、説明があったっていう記憶はないです。

―― 何か検査みたいなものはしましたか、そのときには。

母親:……検査しなかったと思います。皮膚科なんで血液検査したかな……。ちょっと覚えていないですけど。

―― 例えば、血液検査とか、こう、皮膚片をとか。

母親:うーん……。

―― 触診っていうんですかね、とりあえず息子さんを、こう、いろいろと診たりとか聞いたりとかしたうえで、……ああ、「治験は駄目ですね」って断られたのか。お母さまが行って、ああ、もうすぐ「駄目ですよ」って言われたのかとか。

母親:すぐ駄目だったと思います。……だから、何だっていうふうな感じは思いましたけど、すぐ駄目だったと思います。で、まあ、診察してくださった先生は、あまり、こう、話をされる方ではなく、淡々と、うーん、で、「今回は、じゃ、うーん、治験じゃなくって治療します」みたいにさらっと、うーん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12192 (17) { ["term_id"]=> int(30) ["name"]=> string(60) "参加できなかった理由/参加しなかった理由" ["slug"]=> string(7) "husanka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(30) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(3) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(30) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(60) "参加できなかった理由/参加しなかった理由" ["category_nicename"]=> string(7) "husanka" ["category_parent"]=> int(3) } }
同じテーマの語りを見る