※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー27

診断時:24歳
インタビュー時:45歳(2018年6月)
主な発症部位:大腸、小腸
関東地方在住の男性。妻と子ども二人。
19歳の時に下痢と腹痛で病院に行ったら潰瘍性大腸炎と診断された。しかし24歳の時に大腸の摘出手術をしたら、小腸にも潰瘍があることがわかり、急きょクローン病と診断名が変わった。その時は大変なショックを受けたが、患者会などの活動を通して同じ病気の人たちから勇気をもらい、子どものころからの夢であった医者になった。その間2度の手術などもあり、決して体調はよくないが、病気のせいで何かを諦めるのではなく、やりたいことをやり続けたいと思っている。

詳しいプロフィールを見る

まあ、まだ、まだ訪問診療ってそんなにメジャーじゃない分野なんですけれども、えー、まあ認知症の方とか、難病でこう通院が難しくなっている方とか、あとはがんの、かなり進んで、やはりまあ肉体的に負担が大きい方とか、また、ご自宅でもう最期をお迎えになりたいと、病院で、あの、亡くなりたくないという方などもいらっしゃるわけで、そういった方のために、えー、そのご自宅を回って、診察をするっていうのが訪問診療なんですね。それを始めたんです…。
で、まあ…、まあ、実を言うと、あの…、そうですね、おととしまで3年間はこう1人でその訪問診療のクリニックをずっとやっていたんです。
まあ、ただ、ちょっと1人でやっているとさすがに(自分の)病気の具合が悪くなったときに(笑)、あの、バックアップが…、あの、誰もいないというのは、ちょっとさすがにまずいよねという感じがありましたので、じゃあ、これはもう具合が悪くなっちゃう前にきちんと、もっとこう組織立ってやれるところでやってみようということになって現在の、えー、クリニックに…、まあ、入職したわけですね。
で、今は、まあ、同僚の訪問診療をやっている先生方と一緒に、まあ、いろんな自宅を、ご自宅を回って、えー、僕も時々体調を崩したりとかすることはありますので、そのときは別の先生が代わりに、じゃあ僕が行ってくるよと、こうこう、こうだったよとか、そういう感じでやっていただいて、で、非常にいい関係で仕事ができているかなとは思います。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12141 (17) { ["term_id"]=> int(22) ["name"]=> string(36) "病いを持ちながら働くこと" ["slug"]=> string(6) "sigoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(22) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(22) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "病いを持ちながら働くこと" ["category_nicename"]=> string(6) "sigoto" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る