インタビュー内容テキスト

―― やっぱり、そのストーマの影響っていうのはそういう運動に関しては大きいですか。

そうですね。ちょっと去年、2017年にハワイに行ったんですけれども、スキューバダイビングとかそういうのをやってみたいなと思っていたんですけど、恐らくやれるんじゃないかなとは思うんですけど、ちょっとストーマに抵抗があって自分の中で難しいかなと思ってやめちゃったとか、そういったところは多々あったかもしれないですね。

―― あと、温泉とかはどうですか。

あ、はい。確かに温泉も見られちゃうんじゃないかっていう自意識過剰かもしれないんですけど、そういったところを不安だったんですけれども、ちょっと最近温泉には何回か行っていまして案外見られていないんだなっていうのも気付いて、あ、温泉ってすごいリラックスできるので温泉が、通うのもだんだん慣れていっているかなと思ってますので、もうストーマに関して温泉入りづらいなっていうのは、もうだいぶ抵抗は薄れてきましたかね。

―― その温泉入るときってべつにその何かタオルで隠したりとか、そういうことはないんですか。

あ、はい。えーと、私のストーマの装具が透明のパウチなので、ちょっと直接便が見えてしまうんですね。なので、あの、肌色の防水テープみたいなものを装具の注文しているところの会社から買いまして、そこでぺたっと貼って、ちょっとまあ傷がありますよぐらいの状態で入っているので、そんなにもう恐らく周りの方々も気にされていないのかなっていうふうに思ってます。

―― 全体をこう覆ってしまうようなテープのあれですか。

そうです。はい。ストーマ装具自体をもう完全に覆ってしまって、分からなくなってる状態だと思います。

―― なるほど。それはいいかもしれないですね。

はい。そうですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言