インタビュー時:80歳(2012年2月)
関係:夫(妻を介護)
診断時:妻75歳、介護者72歳
2004年に妻がアルツハイマー型認知症と診断され、アリセプトの内服が始まる。夫婦2人暮らし。息子3人は別世帯を構える。介護者は無職。妻は要介護2で、発症3年後に、引っ越しのため妻を有料施設へ預けた。しかし、妻の不在で介護者がノイローゼ気味になり、息子の反対を押し切って施設を退所させ、現在週2回デイサービス利用しながら自宅で介護をしている。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

N.A.さんは甲信越地方の農村部に長年連れ添った妻と2人暮らしをしている。2004年に妻が、電話や人の訪問そのものを忘れてしまうという異変に気付いた。その年、妻はアルツハイマー型認知症と診断されて、アリセプトの内服を始める。介護認定は要介護2。医師から診断を受けた時に、N.A.さんは自分がしっかりしなくてはという気持ちになった。妻本人にもアルツハイマー型認知症であることは伝えており、妻は、「なぜ自分だけがこのような悪い病気になるのか」、「病気になって悪いね」といつも言っている。病院へ行く際、N.A.さんが妻に付き添うと、妻は自分を看てくれるN.A.さんに対し、感謝している。

日常生活では、妻は調理を「できる、できる」と作ろうとするが、実際は上手くできず、N.A.さんが、使用する材料を出し、見てもらいながら料理を行う。妻も、N.A.さんに見てもらうことで安心して料理ができている。N.A.さんは、妻がうまくできない食器洗いや米とぎには、手伝いを行うこともある。

家を解体する関係で妻を村内にある有料施設に預けたが、妻がいないことにノイローゼ気味になったN.A.さんは、子どもの反対を押し切り施設を退所させて再び夫婦2人の生活になる。現在、妻はデイサービスを週2日利用しており、デイサービス利用時にN.A.さんは自分の時間を持つことができている。

今後、何かあった時に2人の面倒は誰が見てくれるのかについて、N.A.さんは息子3人とその嫁とで検討するが、いつも喧嘩になってしまう。できれば現在の家で、息子夫婦に世話を頼みたいと思っているが、誰も見てくれないときには、施設に入るのも仕方がないと考えている。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言