インタビュー内容テキスト

今まで私もね、あのー、この、今、あんたとお話してるように、そういうこと言っちゃならんのかどうか、あの、半信半疑だけども、この家つくるについて、もう大きい、今までの、あのー、100坪ぐらいの家があったんですよね。それが去年の5月に1カ月ぐらいで取り壊して、すぐ6月からこの家を造って、お盆の、あのー、お盆が来るまでに完成してくれというふうにしてやる。そのために私が、あのー、村内の中にあるね、共同生活の○(施設名)があって、あの、施設へ。それ有料の施設。そこへ、うーん、お盆が来るまでね、この、完成するまで、やってくれたんです、はい。
そのとき私が、まあ一番困ったのは、夏の暑いとき、あの、家を壊す、家を造ってる、その辺の心配、その他あって、私も晩酌なしでいらんなくなるから、そんなことでやっているうちにね、やっぱりね、男っていうのは駄目なんだね。1人でぼけっとして、ぼけっとじゃなくてテレビ見て、新聞見て、晩酌飲むと、晩酌飲むとちょっとはね、陽気になるけども、それまでがね、私寝てて、目が覚めて「あれ」っていう、こういう感じで。私がノイローゼ気味になってきた。ノイローゼになって、これは駄目だということで、まああの、そういうふうに、私の判断だし、私が一番よく分かるから、夜眠らんない、うん。あ、何て言うの、あれは、あの、眠りが浅いというのかね。すると次の日ね、ぼけーっとしてるわけ。ほんで、あの、何か体がふらふらするようなね、そういう状況になって。ええ、それで、まあ安定剤、それ、以前からも飲んでんだけど、たまには安定剤とかね、そういうものを飲んだりしていますがね、はい。ま、そんなので、男っていうのはやっぱり1人になって、あの、今までいた連れ合いがいなくなると、男っていうのはやっぱり弱いんだなと。きついようだけれども、そういう精神面では弱いなと、私がきつい、自分では思ってる。だけども、そういうふうになって、ノイローゼ気味になって、あ、退所させたの、はい。
ということが、ま、あって、それで今、家にいておれが面倒を見ると。子どもたちは「あそこ出ると、今度入りたくても入らんないよ」と、いろいろ心配してくれるから、「いや、もうこの状況は、村内の施設だからね、おれがよく、あの、話を聞いて、所長とも話もできるんだし、いい通所のデイサービスの施設もあるし」ということで、だからデイサービスのほうへお願いするというふうに話もして、うまく子ども納得させて、8月の…10月までね、あの、いました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言