※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー家族11

インタビュー時:65歳(2011年3月)
関係:長女(実母を介護)
診断時:実母75歳、長女51歳
1998年に実母がアルツハイマー型認知症と診断される。長女はもともと実母・息子と3人暮らし(実父死亡、夫と離婚)だったが、息子の独立を機に、自営の仕事をするために母と離れ、遠方で独り暮らしをしていた。母が診断されてから遠距離介護を2年したが、身体がもたず母親を呼び寄せて同居する。その4年後にはグループホームへ入所、一時退所させて同居、現在は介護老人保健施設を利用。

詳しいプロフィールを見る

決定的なことが起きたのは、わたしがあの、ビワのお灸をしに、ちょっと九州の方まで行ってたときのことなんですけども、あの、母のことが心配で家に電話しましたら、弟が出たんですね。で、珍しいんですよね、弟が家に戻っているっていうことが。で、「どうしたの」って言ったら、「おまえこそ何してるんだ」って言ってね。それでね、「あの、有り金、うちのね、有り金を持って、おまえが逃げたことになってるぞ」って言われ、言われたんで(笑)。それで、「ええっ?!」ていうことで、「こう、こう、こうで今、九州に来てるんだよ」って言ったら、「そうか」っていうことになったんですけども。
弟もね、初めて、何か母から電話があって、「お金がない」って。あのー、わたしが持って逃げたっていうので、あの、慌てて来てたんですよね。で、その時に弟が母から聞いたことは、あの、孫もね、その時一緒にいたんですけども、あのー、朝起きてみると、そのー、孫がね、たんすの前にいてお金がなくなってたとかね、そういうことを言って。弟、信じてたんですよね、それをね。で、そのころはもう、うちの息子も、あのー、母がご飯もあんまり作らなくなってたんで、っていうか、いっつも同じものを作って食べてて、あれは栄養失調になってしまうっていうことだったんで、一緒に住んでもらってたんですけどもね。(息子が)自分で帰りに買い物をして、ご飯作ってるんだよって聞いてたのに、その、母が作っててね、そのー、何ていうの、食事代も出さないって、言ってたんですよね。
で、そういうことが、で、弟はね、にわかには信じられなくて。もう何かわたしと息子がね、あの、わたしの息子がね、ひどいやつだと思ってたんだけど、で、新聞の記事をね、2回続けて見たんだそうですよ。で、そういうことが書いてあって。一緒にいる人のことをね、すごく悪く言って、なんだけど、それは本人の、あの、病気がそうさせてるっていうの見て、そうなのかっていうことで、やっと納得したっていうのが、あのー、一番のその、大事件ていうか。私にとっては大事件だ(笑)。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11108 (17) { ["term_id"]=> int(22) ["name"]=> string(18) "症状の始まり" ["slug"]=> string(8) "hajimari" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(22) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(15) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(22) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(18) "症状の始まり" ["category_nicename"]=> string(8) "hajimari" ["category_parent"]=> int(15) } }
同じテーマの語りを見る