※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー家族11

インタビュー時:65歳(2011年3月)
関係:長女(実母を介護)
診断時:実母75歳、長女51歳
1998年に実母がアルツハイマー型認知症と診断される。長女はもともと実母・息子と3人暮らし(実父死亡、夫と離婚)だったが、息子の独立を機に、自営の仕事をするために母と離れ、遠方で独り暮らしをしていた。母が診断されてから遠距離介護を2年したが、身体がもたず母親を呼び寄せて同居する。その4年後にはグループホームへ入所、一時退所させて同居、現在は介護老人保健施設を利用。

詳しいプロフィールを見る

そうやって駄目な所、1つずつ消して最後に残った所に、もういきなり連れていったの。うん。

―― その選んでるときに、お母さまは自分が入るっていう所を選んでるっていう意識はお持ちでした?

多少あったと思います。あの、全然分かんないときもあったし、そこに入れられちゃうんじゃないかっていうこともあって。うん、ありましたね。

―― で、最終的にその突然連れていって、そこで暮らすことになるときに、それはすんなり行きましたか?

行きました。その、その時に、あのー、「今日行くよ」って言って。入ろうねって説明はしてたんですね。わたしもいつも行くからって。このままだとね、お母さんもまたけがするかもしれないし、ね、関係ない所にいるの、嫌でしょって。もう分かるとか、分かんないとか関係なく、ちゃんと言ったんですね。で、本当はそうふうにしたくないんだけど、2人しかいないから、あの、これ以上ね、無理だと思うからって言ったんですよね。「ごめんね」って言って。で、やっぱりその朝、あの、写真撮ったんだけど、あのー、後から見返したらね、母としてはすごい決死の覚悟の顔してますもんね(笑)。

―― あ、そうですね。

本当に。

―― 分かります、うちもそうでしたから。

うん。ねえ、本当。そいで、いきなり連れてって、もう、やっぱりまっすぐ行けなかったんですよ。だから、ちょっとね、あのー、何て言うの、車の中だったけど、一緒に果物食べて、じゃあ行くよっていうことで、こう、ちょっと1拍置いてね。で、行くよっていうことで、行って。中入ったら、あの、向こうからもね、出てきてくれて、そしたら、いきなり自分から、「よろしくお願いします」っていうふうに挨拶して。それから、すんなり、うん、行きました。本当にね、何か、ああ、ちゃんと分かってるんだなって思いましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12278 (17) { ["term_id"]=> int(32) ["name"]=> string(24) "施設入所を決める" ["slug"]=> string(6) "kimeru" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(32) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(31) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(32) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "施設入所を決める" ["category_nicename"]=> string(6) "kimeru" ["category_parent"]=> int(31) } }
同じテーマの語りを見る