※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー家族11

インタビュー時:65歳(2011年3月)
関係:長女(実母を介護)
診断時:実母75歳、介護者51歳
1998年に実母がアルツハイマー型認知症と診断される。介護者はもともと実母・息子と3人暮らし(実父死亡、夫と離婚)だったが、息子の独立を機に、自営の仕事をするために母と離れ、遠方で独り暮らしをしていた。母が診断されてから遠距離介護を2年したが、身体がもたず母親を呼び寄せて同居する。その4年後にはグループホームへ入所、一時退所させて同居、現在は介護老人保健施設を利用。

詳しいプロフィールを見る

まだ雪がある時期でしたけど、もう何か、うちに帰らなくちゃって。もうそのころになると、どこ行っても、自分の居場所がないみたいな感じになってるんですよね。で、「自分ちに帰る」って言って、で、自分のうちに行っても、たぶん、何かあのー、ここが本当に自分のうちっていうふうに思えないんじゃないかな、っていう感じになってた時期だったんですよね。で、何かあのー、父のことをね、急に思い出して、ご飯作んなくちゃいけないっていうふうに言って、出ていったりするようになって。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12207 (17) { ["term_id"]=> int(29) ["name"]=> string(66) "外出をめぐるトラブル:「徘徊」と呼ばれる行動" ["slug"]=> string(6) "haikai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(29) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(24) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(29) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(66) "外出をめぐるトラブル:「徘徊」と呼ばれる行動" ["category_nicename"]=> string(6) "haikai" ["category_parent"]=> int(24) } }
同じテーマの語りを見る