インタビュー内容テキスト

――糖尿病になられたのは、その、いつぐらいからですか?

えーっとー、50前だから、んふ、えー、あー、もう12、3年前です。

――12、3年前。

はい。で、そのときは、あの、薬を飲んでて、インシュリンは打ってなかったんですけど、んん。5、6年前からインシュリンを打つようになりました。

――やっぱり管理は大変ですか?

大変ですよ。やはりあのー、認知症にならないためには、生活習慣病を防げば認知症のリスクは非常に少なくなります。だから、アルツハイマーになりたくなければ、あのー、糖尿病とかそういう余病を起こさないように、生活習慣の改善することが大切だと思います。

――はい。何か具体的にやってらっしゃることってありますか?

えーっとー、夏場は一応1日7千歩を目標に、んー、歩いております。で、それも、あのー、えーと、ドコモのらくらくホンで、毎日の歩数が表示されて、1週間のグラフも出るし、それの1週間の月別の実績もできますので、一応、おー、調子のいいときは25万歩くらい月にいきます。はい。調子が悪いと、こー、今月、先月は10万歩でした、(1日)3千歩でした。

――記録をしっかりつけるタイプの人だったんですか。

はい、そうです。あ、記録は認知症になってから記録をとるように、日記も書くようになりました。あとは何もとってませんでした。全部認知症になってから生活改善をしました。

――といいますと、それまでの生活は結構その、規則、不規則な。

不規則な。システムエンジニアでしたので、不規則な生活でした。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言