インタビュー内容テキスト

――認知症以外にも、あの、何ていうんですか、その、確か糖尿病でらっしゃると伺ったんですけども、その辺りの方はどのように。

その糖尿、(主治医が)元は内科医だったので糖尿の方も診てもらってました。同じ先生に。

――薬の管理ってすごく大変じゃないのかなって思うんですけど。その辺りどんなふうに工夫されていますか?

あ、薬の管理は、あのー、お薬カレンダーに、あのー、1週間1回セットして、それで、あの、携帯電話のアラームで、えー、お薬の、インシュリンの何単位が打ちなさいというメッセージとアラームが鳴って、それで打つようにしております。食事の前に。はい。1日3回打ってます。インシュリンを。

――食事の前毎に。あ。そうすると。なんか、忘れることがなく。

はい。

――ああー。あのー、困ったことのリスト(何か困ったことがあるごとに、思いついた改善策とともに記録しているリスト)の中に。あのー、打ち過ぎてしまうっていうことがあったっていうふうに。

あー、はい、はい。

――書かれてあったんですけれども、それに関してはもうそのアラームで。

あのー、えーと、それはお薬カレンダーに針があれば、打ってないんだと。針がなければもう打ったんだというふうに、自分の記憶じゃなくて、針があるなしで打ったか打ってないかを推定しております。
で、自分の記憶はすぐなくなってしまうんです。打ったかどうかの記憶はありません。5分前でもありません。

――その針があるかないかっていうことで確認をされているということですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言